肝臓サプリメント

白髪になるひとは肝臓が疲れてる?気になる噂の真相は?

日本人の多くの人の頭髪の色が黒いのはメラニン色素のお陰です。

メラニン色素は黒色の色素です。

そのメラニン色素が頭髪のもととなる毛母細胞に受け渡されることで、分裂した毛母細胞が毛髪として生えてくる時には、頭髪は黒色になっていると言うメカニズムです。

図解:メラノサイトとメラニン

ですから白髪は、メラニン色素が何らかの原因で上手に作られていないことが主たる原因として考えられています。

メラニン色素が作られなくなる原因としては、そもそもメラニン色素を作り出す細胞、メラノサイトが極端に減少してしまっていることが挙げられます。

またメラノサイトは残っているものの、何らかの原因でメラニン色素がうまく作り出されないことも原因のひとつです。

メラノサイトが減る原因

こうした現象を引き起こす原因と言うのは、様々あります。

ひとつは老化です。老化により体の機能と言うのは、少しずつ低下していきます。

その一環としてメラノサイトの機能が低下していって、メラノサイトが作られなくなり白髪が出てくると言う具合です。

また老化によりメラノサイトが減少してくると言うのも、考えられている原因のひとつです。

遺伝からの関係も深いメラノサイト

遺伝からの関係も深いメラノサイト

また遺伝も関係が深いと言われています。

メラノサイトの存在数や維持に関しては、特にこの要素が強いと言われています。そのため遺伝的にそうしたことが弱い人の場合は、比較的、若い頃から、10代や20代の頃からいわゆる若白髪と呼ばれるような状態が出てくることも、決して珍しくはありません。
そしてストレス、疲労です。

このストレス、疲労の原因に関しては、肝臓の機能と深いかかわりがあると指摘されています。

そもそも肝臓と言うのは、有毒物や老廃物を解毒、分解する作用を担っている臓器です。アルコールや薬、あるいは普段、何げなく摂取している食品の中には、人間の体にとって良くない影響をもたらす恐れがある成分も含まれています。

それがそのままだと、体はダメージを受けてしまい、あらゆる機能に支障が出てくる恐れがあります。しかしそうならないのは、この臓器がそれらを代謝することで無毒化しているためです。

こうした有害成分以外にも、人間の疲労に関わる物質、アンモニアなどの代謝も行っています。更にタンパク質、糖質、脂質と言った人間の体の材料となる成分、人間の活動のエネルギーとなる成分の代謝にも深く関係しています。

そのためその機能が低下すると、疲労が溜まりやすくなったりしてしまうことが考えられます。

そうしてこうした代謝の低下、エネルギーの不足と言うのが、メラノサイトの生成や活動にも影響を及ぼす恐れがあると言うのが、この臓器と白髪の関係のひとつです。

肝臓と血液の役割

肝臓と血液の役割

加えてこの臓器には、血液を貯蔵していると言う役割もあります。血液と言うのは、その中に栄養や酸素が混ざっていることで全身の細胞を働かせる、いわばエネルギーの供給手段とも言える存在です。

よって肝臓機能が低下して、蓄えられる血液量も低下していくと、当然、全身に届けられる栄養や酸素の量と言うのも限られてきます。

体と言うのはうまくできているもので、血液量が減った、届けられる栄養や酸素の量に限りが出てきた場合には、生命維持に欠かすことができない部分に優先して、それらを届けるような仕組みとなっています。

肝臓の肝機能低下と髪の毛の関係

肝臓の肝機能低下と髪の毛の関係

そして髪の毛と言うのは、人間にとってはとても重要なパーツであるものの、体にとっては生命維持とはさほど深い関係がないパーツだと判断されています。

そのため肝機能が低下して貯蔵できる血液量が減少したと言う場合には、髪の毛に届けられる血液の量も減少していきます。

そうなると健康的な髪の毛を保つための機能も十分な役割を果たすことが難しくなってしまい、その影響のひとつとしてメラノサイトの減少、白髪の発生が考えられると言うことです。

疲労やストレス、肝臓機能の関係と言うのは、卵が先か鶏が先かと表現するのにふさわしい関係にあります。

たとえば疲労、ストレスによって自律神経の内、交感神経が過敏になりがちだと、それは全身の臓器に影響を与え、その機能低下を招く恐れが指摘されています。強いストレスにより大量に発生する活性酸素、その酸化力によるダメージも無視できない存在です。

一方で肝臓機能が低下すると、人間の体は疲れやすくなります。また先に述べたように全身の血流にも影響が出てくるので、精神的な面にも良くない影響がもたらされ、それが原因でストレスを抱えやすくなってしまうと言うことも十分に考えられることです。

肝臓の調子は髪の毛の調子にも影響

定期的に健康診断

白髪の予防のことを考えるのであれば、まずは疲労や精神的疲労感を上手に解消することが求められます。そしてそれと同時に、肝機能に配慮した生活習慣を送ることも重要です。

たとえばアルコールの多量摂取は、肝機能には大きな負担をかける要因だと言われています。

ですから日々、飲酒習慣がある人は、できるだけ量を控えたり、お酒を飲まない日を作ることが求められます。

また定期的に健康診断を受け、肝機能の状態に異常がないかどうかを見逃さないようにすることも効果的です。


PAGE TOP