肝臓サプリメント

健康診断での肝臓の数値の見方を知っておく事で健康管理に差が

健康診断を受けると気になるのが様々な数値です。
その中でも肝臓の部分は何かと注目すべきポイントが多く、肝機能が正常なのかどうかを様々なものから見ることができます。

肝臓の特定検診の項目ALT

肝臓の特定検診の項目ALT

肝臓に関する検査の中で、特定健診と呼ばれる、メタボリックシンドロームに着目した項目が3つあります。まず1つはALTです。ALTは肝臓の内部にいる細胞のことであり、アミノ酸やエネルギーの代謝などの役目を担っています。肝細胞の中に存在し、血液中には存在しないとされていますが、何らかのダメージがあることでALTが血液中に出ることになります。この数値が高いということはそれだけダメージを受けており、それによりALTが血液中に漏れ出たということになるため、この数値によりダメージ度合いを見ることができます。

ASTの検査項目は数値に注目

ASTの検査項目は数値に注目

AST(GPT)とAST(GOT)はアミノ酸を体内で使いやすいように形をつくりなおす働きをしています。

ASTですが、ASTはALTと同じ酵素ですが、由来する臓器が違うため、微妙に扱いも違います。ASTは肝臓にもいますが、心筋や骨格筋などにもおり、広いところに存在します。ASTとALTを比較することでどこで障害があるのか、ダメージがあるのかというのがわかります。両方とも数値が高い、もしくはALTのみ高いという場合には肝機能に何らかの障害があることがわかります。しかし、ASTだけが高ければ心筋梗塞などの可能性が考えられますが、激しい運動の直後にも高い数値が出やすく、健康診断を受けた状況を覚えておくことも大事です。

γ-GTP検査は薬の服用で数値があがることも

γ-GTP検査は薬の服用で数値があがることも

もう1つの特定健診にγ-GTPがあります。こちらは肝臓や腎臓で作られる細胞であり、肝細胞や胆汁の中にも存在します。普段はタンパク質の分解を行っていますが、アルコールなどの影響により、γ-GTPが血液中に漏れ出る他、胆管に何かしらの障害が発生しても数値が上がります。つまり、胆管などに何かしらのダメージがあることでγ-GTPの数字も上がるということです。一方、薬を服用する人などもγ-GTPの数字が上がりやすいため、酷使をしている人ほどこの数字は出やすいということになっていきます。以上が特定健診の対象となっているものです。

肝臓のALP検査

次にALPと呼ばれるものです。ALPは体全体にいるものであり、胆汁の中にも存在する酵素です。乳製品などに含まれている物質を分解する役割を持っていますが、肝障害で胆汁に影響が出ると、胆汁の中にあるALPが漏れ出て、数字が上がります。ALPが高いと肝障害の可能性が高いと言われていますが、骨の病気などでもこうした高値が出やすく、肝障害ではない疾患を抱えている可能性もあります。そのため、この数字が高い場合は肝障害を含めた何らかの障害が考えられるため、精密検査を求められることになります。

ビリルビン検査は肝硬変の進行の恐れが

ビリルビン検査は肝硬変の進行の恐れが

その次は総ビリルビンです。赤血球もいずれは古くなり、壊されていきますが、壊されていくときに発生するのがビリルビンです。ビリルビンには血液で肝臓に運ばれ、胆汁の中に捨てられていき、処理される前のビリルビンを間接ビリルビン、処理された後のものを直接ビリルビンと呼び、それらをまとめて総ビリルビンと呼びます。本来は血液中でほとんど検出されないのですが、肝障害が発生すると、直接ビリルビンが漏れ出て、多くの赤血球が破壊されると間接ビリルビンが多くなります。肝硬変の進行で数字が段々と上がっていく傾向にあります。

LDの検査項目はしっかりチェックが必要

LDの検査項目はしっかりチェックが必要

LDは心臓や腎臓など体中にある酵素であり、肝細胞に多く分布し、糖質をエネルギーに変える大事な役割を担っています。通常は血液中にはありませんが、肝細胞が破壊されることでLDが血液中に出てきてしまいます。肝障害の度合いによって漏れ出る量は多くなり、進行性のあるがんなどが値に影響を与えることもあるなど、他のもの同様にしっかりとチェックをしておく必要があります。肝硬変やウイルス肝炎などでも高く出る傾向にあるため、この数字が高く出たときはある程度の覚悟をもって再検査に臨むことになります。

コリンエステラーゼは脂肪肝の疑いも

コリンエステラーゼは脂肪肝の疑いも

コリンエステラーゼは肝細胞だけで作られる細胞です。神経伝達物質の一種を分解する働きがあります。この場合は値が小さければ肝機能の低下が疑われ、もし値が大きいと脂肪肝を疑う必要があります。コリンエステラーゼは脂肪の代謝にも影響を与えており、脂肪肝の状況では多くのコリンエステラーゼが作られることになります。つまり、この部分が多いとなれば脂肪肝を疑うということになります。他にも多くのものがありますが、総合的に見ていくことにより、肝機能の問題かそれともそれ以外なのかというのがわかります。

検査内容は組み合わせてみることで病気予防に

健康診断で実際に調べてもらった人の多くは、数字が異常かどうかだけしか見てませんが、組合せによってはその部分以外の場所に障害がある可能性が高いということがわかります。これだけは言えることとして、異常な値が複数あれば何かしらの問題を抱えているということであり、それがどこの部位であったとしても精密検査、再検査、場合によっては入院を余儀なくされるので、重く受け止めることが求められます。


PAGE TOP