肝臓サプリメント

知っておきたい!肝臓と疲労の以外な関係、疲れの原因を探せ

肝臓と疲労が密接な関係にあるのは、この臓器が体内では化学工場のような役割をしているためです。
アルコールを摂取した場合には、アセトアルデヒドという有害な成分を解毒してくれるため、肝臓の機能が健全であれば翌日に変な疲れが残ることはありません。
肝臓が受け持っている機能は極めて多く、500を超える数があることが判明しています。
そのため、アルコールなどの解毒作用は500以上の機能の一つに過ぎないもので、この臓器の重要性を象徴しているわけです。

肝臓と疲労と栄養の代謝

肝臓と疲労と栄養の代謝<

肝臓と疲労の関係を知るために、栄養の代謝を把握することも欠かせません。
食べ物に含まれている栄養にはビタミンや糖質などがありますが、そのままの状態で利用することはできません。最初には消化器官の働きで消化されてから、肝臓が代謝を行うことで利用できるようになります。

肝臓で代謝された栄養は、血液を介する形で全身に運ばれることになっています。
そのため、この機能が何らかの影響で衰えていると、エネルギーが枯渇した状態に変化して、疲れも蓄積しやすくなる仕組みです。
当然ながら、スタミナも維持することが難しくなり、軽い運動をしただけでも疲れてしまうことがあります。

肝臓が重要な臓器といわれるのは

肝臓が重要な臓器といわれるのは

肝臓が重要視されているのは、栄養や血液の貯蔵機能を持っているためでもあります。

食べ物から栄養を継続的に摂取していると、各種のビタミンAやビタミンB群などの栄養素が貯蔵されるわけですが、その量が非常に多いのです。
一部の栄養については数年分の量を蓄えることができるため、人間の体内では栄養の貯蔵庫のような役割を担っていることになります。
中には貯蔵できない栄養もありますが、ビタミンB群は代謝を促進させるためには欠かせないものですから、この貯蔵機能が衰えてしまった場合には困ったことになります。

ビタミンが欠乏した状態になると、肝臓で貯蔵している栄養が放出されるため、肝機能が正常な人であれば一時的な疲労も耐えることができるようです。

脂質を分解させる肝臓の胆汁

脂質を分解させる肝臓の胆汁

肝臓の内部では胆汁が分泌されることで、脂質を分解させているわけですが、この機能がなければ疲労も蓄積しやすくなると考えられます。
この仕組みのおかげで、コレステロールが過剰に蓄積することもなくなり、血液の流れがサラサラになるわけですから、体全体の自然治癒力も向上するはずです。
人間は野菜を食べるだけでなく、脂質も豊富な肉類も好んで食べているわけですが、肝臓が胆汁を分泌してくれるおかげでエネルギーを作りながら、余計な脂質は抑えていることになります。

肝臓も正常であれば疲労にも強くなりますが、何らかの問題がある場合には、徐々に機能が低下することが避けられません。
肝臓を疲れさせる原因は様々ですが、大抵の場合には生活習慣の乱れが関係しているようです。
このため、生活習慣の問題点を認識してから改善すれば、疲れもすぐに解消できることを意味しています。

肝臓を疲れさせる原因

肝臓を疲れさせる原因

肝臓を疲れさせる原因の第一に考えられるのは、解毒の能力を無視して大量の飲酒をすることです。

この機能には個人差がありますが、誰でも無理に飲めば肝臓の機能低下が促進すると考えられます。
飲み方にも問題があり、例えば酒だけを大量に飲む場合には、肝臓への負担は非常に大きくなります。

寝る前にアルコール度数が高い酒を大量に飲む場合にも、次第に肝臓を疲れさせる原因になる可能性があります。
最初には高タンパクで低脂肪な食べ物で胃壁を保護してから酒を飲むことで、肝臓も同時に保護することができます。

ストレスも肝臓疲労の大きな原因

極端なストレスを蓄積することも、肝臓を疲れさせる原因の一つになります。
この状態で喫煙と過剰な飲酒を行うと、この問題はさらに複雑になってしまうことでしょう。酒が好きでも健康な人は、週に数回は休肝日を設けて、肝臓の疲れを軽減させています。
ところが、肝臓を休ませずに毎日のように飲酒をしていれば、疲れも慢性的になってしまいます。肝臓には脂質を分解する機能があるわけですが、許容量を超えるほどに多くの脂肪やコレステロールを摂取する人は、糖尿病にも注意しなければいけません。

あるいは、極端なダイエットで栄養が欠乏した状態になる場合には、肝臓が持っている貯蔵機能を維持することが難しくなります。

肝臓の状態が悪化した場合には

肝臓の状態が悪化した場合には

肝臓の状態が悪化した場合には、生活習慣を改善させると同時に、肝臓の治療方法を医療機関で選択することになります。

一般的には物言わぬ臓器と呼ばれることから、問題があっても自覚症状がない場合も少なくありません。

そのため、疲れが気になる場合には、肝臓を含めて早めの検査を行うことが望ましいです。アルコールの摂り過ぎや食べ過ぎの影響で脂肪肝になった場合には、禁酒やカロリー制限は欠かせないものになります。

肝臓の治療方法には食事療法があるだけでなく、修復力のある機能を活かして、外科的な手術で一部を切除する場合があります。
条件が整った段階で一部を切除するわけですが、残っている肝細胞が再び増殖して、結果的には元の大きさに戻るだけの再生力を持っているわけです。


PAGE TOP