肝臓サプリメント

A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎・慢性肝炎にはどんな症状が?【肝炎】

肝炎という言葉は、血液製剤フィブリノゲン問題で様々な場面で耳にしたことがあるでしょう。社会問題になっているのはC型肝炎ですが、肝炎にはC型肝炎以外にも、様々な種類があります。ここでは比較的多く聞かれる肝炎について紹介していきます。もちろん、ここで掲載している以外にも肝炎の種類があります。

A型肝炎

A型肝炎ウイルス

A型肝炎を起こすA型肝炎ウィルスは、現在の日本ではほとんど見られず、東南アジア、アフリカなどの国で多く見受けられます。A型肝炎は経口でうつります。大便にウィルスが出るために、衛生環境が整っていない時代では、日本でも多く見られた肝炎です。

海外では生水を飲んだり生ものを食べてA型肝炎を患う場合がほとんどになります。潜伏期間は2~6週間で、重い風邪にかかったような症状が出ます。

A型肝炎の症状

寒気、発熱、頭痛、腹痛、下痢、吐き気、だるさなど、ひどい風邪にかかったような症状が出ます。それから1週間ほどで尿の色が濃くなり(黒に近い色になる場合もあります)、次第に白目が黄色くなります。更には体にも黄疸が広がっていきます。黄疸が出て、はじめて肝炎にかかっていると気づく人もいます。

反対に、黄疸が出る頃には体調も回復してきます。便に出るウィルスも減少していき、黄疸も少しずつ消えていきます。2~3ヶ月で完治し、慢性化しません。一度かかると抗体ができるため、二度とA型肝炎にかかることはありません。劇症肝炎になる可能性は1%未満です。

B型肝炎

B型肝炎ウイルス

B型肝炎は、血液を介してうつります。以前は輸血によるものが多かったのですが、現在では輸血によってB型肝炎になることはほとんどありません。もう一つの原因として、母子間でうつってしまうということがあります。

母親がB型肝炎の場合、出産の際や産後2~3年で子供もB型肝炎になってしまうというものです。子供は抵抗力が弱いため、ウィスルが肝臓に住み着いてしまうことになります。この場合、キャリアと呼ばれます。

キャリアから慢性肝炎に移行する人もいます。大人になってからB型肝炎になっても、急性肝炎の症状を出しながら、やがて体内から消えていきます。自覚症状はA型肝炎とさほど変りありません。

黄疸は2週間から1ヶ月続き、少しずつ引いていきます。発病してから1~3ヶ月で治っていきます。大人になってからかかった場合は、二度とB型肝炎にかかることはありません。劇症肝炎に移行する可能性は2%です。

スポンサーリンク

慢性肝炎へ

出産時にB型肝炎のキャリアになり、そのままキャリアとして成長して、ある日突然、肝臓に住み着いたウィルスを追い出そうとして、肝炎という症状で発症する場合があります。

本人も気づかない程弱い症状の場合が多いのですが、中には急性肝炎というような強い症状が現れる場合もあります。肝炎は治ってしまいますが、中には治りきらずに慢性肝炎へと移行し、肝硬変、肝臓がんまで進んでしまう人がいます。ただし、このケースは極めて稀なケースです。

C型肝炎

C型肝炎ウイルス

C型肝炎もB型肝炎同様、血液を介してうつります。輸血や血液製剤によるものがほとんどで、社会問題にまでなっています。現在の輸血や血液製剤では、検査法が開発されたために、食い止めることができるようになりました。

C型肝炎の特徴は、人にうつりにくいということです。血液の中にあるウィルスが非常に少ないためです。やっかいなことに、C型肝炎は、慢性化しやすいという特徴もあります。

発症すると、半数以上の人が慢性肝炎へと移行してしまうのです。B型肝炎では症状が軽く、やがて治っていきますが、C型肝炎の場合には、大人でもウィルスが体に住み着きやすく、症状そのものはとても軽いのですが、肝硬変、肝臓がんへと進んでしまう可能性があります。

C型肝炎の症状

2週間から4ヶ月の潜伏期間を経て、急性肝炎を起こします。軽い風邪のような症状が出ますが、そのほとんどが気づかないほどです。黄疸が出ない場合もあり、出ても気づかないほどです。更に、慢性化してしまうと、益々症状が軽くなるので非常にわかりづらく、健康診断の肝機能検査で分かるという感じです。

実は、C型肝炎になっても、肝臓に異常が出ない場合もあります。急性のC型肝炎に至っては、40%の人が自然治癒してしまいます。けれど、半数以上の人は慢性化してしまうのです。慢性肝炎が20年ほど続くと、肝硬変へと移行します。

劇症肝炎

劇症肝炎とは、急性肝炎から急激に悪化する肝炎のことです。普通、急性肝炎になって肝臓が壊れてしまっても、再生力の強い肝細胞によって、肝機能が一時低下しても、やがては正常に戻る肝炎です。ところが、稀に急性肝炎が急激に悪化して、急性肝不全を起こしてしまう場合があります。このことを劇症肝炎と言います。

治る確率は30%と低く、命を落とす怖い肝炎です。B型肝炎からの移行が多いとされていますが、稀に、薬物の過剰反応が原因で起こる場合もあります。黄疸が出てから1週間以上経過しても、風邪に似た症状が続くようであれば注意しなければいけません。黄疸もかなり強く出ますので、劇症肝炎に移行する可能性があり、早急に専門医の治療を受ける必要があります。

劇症肝炎の症状

肝炎の症状は軽いものが多いにも関わらず、劇症肝炎の場合は様々な症状が出ます。頻脈、過呼吸、口臭(芳香臭)、鼻血、歯茎からの出血、皮膚の紫斑などが見られます。

また、肝性脳症も見られ、精神症状が出ます。夜と昼が逆転したり、場所や日時が分からなくなる、簡単な計算ができない、鳥のように手をばたつかせる、トイレ以外のところで用をたすようになるなど、ボケと同じような症状が出ます。最終的には意識がなくなり、昏睡状態になります。命を落とす確率の高い肝炎ですので、専門医の治療が必要になります。


PAGE TOP