肝臓サプリメント

肝臓の病気は誰にでも可能性が!病院でできる血液の基礎知識

肝臓の健康は毎日の生活習慣から

肝臓の位置

沈黙の臓器と言われている肝臓。大事なことを『肝心かなめ』というように、肝臓は心臓と同じくらい、生命に大きく関わっている臓器なのです。こんな大事な臓器にも関わらず、沈黙の臓器なのです。

普段から肝臓をいたわるようにして上げなければ、肝臓になにか症状が出てからでは、時すでに遅しということもあるのでかなりの要注意です。肝臓が体の中でどんな働きをしているのか、肝臓の病気にはどんなものがあるのかを紹介していきます。

図解でみる肝臓の位置と機能の役割

図解:肝臓

肝臓は体の中に一つしかありません。生命に関わるとても大事な役割をしています。ですから、肝臓の働きについて知ることは、とても大切なことです。
口から入るものは肝臓に運ばれ、分解されて身体の隅々まで運ばれます。肝臓には無数の血管が集まっており、手術をするときにも輸血が必要になりますが、再生する臓器でもありますので、医師を信用して治療に専念しましょう。

スポンサーリンク

血液検査の基準値

肝機能に関する血液検査の基準値を紹介します。
あなたの血液検査の結果はどうでしたか?

検査値

基準値

ALT(GPT) 30IU/L以下
AST(GOT) 30IU/L以下
γ-GTP 50IU/L以下
ALP(アルカリホスファターゼ) 100~325IU/L(測定方法で基準が異なる)
LD(KDH)(乳酸脱水素酵素) 120~240IU/L
総ビリルビン『非抱合型(間接)・抱合型(直接)ビリルビン』 0.2~1.2mg/dL
コリンエステラーゼ(ChE) 男性:234~493IU/L
女性:200~452IU/L
総タンパク 6.7~8.3 g/dL
アルブミン 3.8~5.3 g/dL
血小板 14~34万/μL
C型肝炎ウイルス抗体 陰性(-)
HBs抗原・抗体・HBe抗原・抗体 全て陰性(-)

□基準値出展:厚生労働省 標準的な健診・保険指導プログラム(確定版)

検査値項目の意味はこちらです⇒ [ 肝臓の血液検査 ]


PAGE TOP